2014年09月20日

感動した!錦織圭の応援ブログadidas メンズ




テニスシューズ アディダス adidas メンズ
送料無料 テニス 全米オープン 錦織圭選手着用モデル アディダス adidas adipower barricade 8+ バリケード メンズ テニスシューズ オールコート USオープン 2014秋冬新作 M25343 M25341 M25220


adidas (アディダス) adipower barricade 8+ になります。

M25343・・・錦織選手着用カラー
M25341・・・錦織選手楽天オープン着用モデル

世界中のトッププレイヤーから愛されるadidas Tennisのトップモデルの8+が登場。耐久性の高いadiTuff360がアッパーに使用され、屈曲部分の柔軟性とフィット感が向上。横ブレを防ぐバンドがアッパー内部に採用されており安定性も抜群。
M25343 M25341 M25220

posted by 錦織圭の応援ブログ at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 錦織圭 アディダス | 更新情報をチェックする

2014年09月07日

感動した!錦織圭の応援ブログ アディダステニスシューズ 2014USオープン使用モデル

翔べ! 錦織圭 両親が語った、「エアK」の軌跡




アッパー素材がDcore6⇒AdiTuff360に進化
アディダス(adidas)テニスシューズ アディパワー バリケード8+(M25343)
※錦織圭2014USオープン使用モデル

2014年7月発売

世界中のトッププレイヤーから愛されるadidas TENNISのトップモデルの8+が登場。
耐久性の高いadiTuff360がアッパーに使用され、屈曲部分の柔軟性とフィット感が向上。
横ブレを防ぐバンドがアッパー内部に採用されており安定性も抜群。
錦織圭&adidas契約選手着用予定モデル

■カラー:グレー×シルバーメット×コアブラック
■素材
 アッパー:合成樹脂+合成繊維
 アウトソール:ゴム底
■サーフェース:オールコート用
■サイズ:24.5~30.0cm


posted by 錦織圭の応援ブログ at 11:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 錦織圭 ラケット | 更新情報をチェックする

感動した!錦織圭の応援ブログ ウイルソン テニスラケット STeam 95 (錦織 圭 使用)



Wilson 硬式テニスラケット STeam 95 (錦織 圭 使用)
ウイルソン テニスラケット STeam 95 (錦織 圭 使用) WRT720920
【ガット代無料!ガット張り代無料!】【RCP】

フェース面積 95平方インチ
ウエイト 309g
バランス 32.5cm
厚さ 22.0mm
長さ 27.25インチ
ストリングパターン 16×20
グリップ 2、3


昨年10月、地元日本のテニスの聖地、有明コロシアムで行われた楽天ジャパンオープンで見事優勝を飾った錦織 圭。2回戦でロブレド、準々決勝でベルディッチ、準決勝でバグダティス、決勝でラオニッチと強豪を次々と連破しての栄冠だった。しかし実は第2シードのベルディッチとの準々決勝後、錦織からウイルソンに対し「試合に勝ったことは満足していますが、トップクラスのシード選手と戦う時は守りが課題になります。相手から攻められてやっと届いたようなボールでも、もうちょっと深く返して相手にダメージを与えたいんですよね。でも、打った感じは変えないでほしいんです」というリクエストがあった。

これはベルディッチと戦ったことで、今後トップ4やトップ5クラスの選手と戦う時に何が大切になるのかを錦織なりに感じ取ったからこその言葉だ。7月26日付けのATPランキングで11位の錦織は、トップ10入りについて「入るだけでは意味がありません。その地位をしっかり確立することが目標です」とコメントしているが、そのためにはグランドスラムなどでトップ4クラスの選手を破りベスト8、ベスト4に入ることが必要となる。そのために、今後の自分に必要なのが「いかに劣勢な状況をイーブン以上に戻すか」ということなのだろう。そうした「打感はこれまでのまま、やっと届いたボールをもうちょっと深く返し、相手にダメージを与えたい」という錦織の要望に対し、アメリカ・シカゴにあるウイルソン開発センターが用意したのが「パラレル・ドリル」という新しいテクノロジーだ。

開発当初は、既にウイルソンが持っている「パワーホール」(1cm幅のグロメットホール。打球時のスリング可動域が56度と通常の22度の2倍以上に広がる)を搭載することが検討された。しかし、それでは打球感が大きく変わることに。そこでウイルソンが注目したのが、ストリングを通すための穴(ストリングホール)の空け方。これまでのSTeamではストリングホールを楕円形のフレームに対し垂直に空けていたのだが、それではラケット面の上下左右数本を除いた他のストリングはフレームの外側から内側にストリングが入ってくる角度とストリングが引っ張られる方向に若干の差ができ、フレームの内側でストリングが接することに。これに対し、ストリングが引っ張られるのと同じ方向にストリングホールを空けるのが「パラレル・ドリル」。その結果、ストリングがフレームに接する部分が外側に移動。そのフレーム厚のぶんストリングの可動域が広くなり、スイートスポットの拡大とパワーアップにつながることになったのだ。


posted by 錦織圭の応援ブログ at 11:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 錦織圭 ラケット | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。